ブランドセーフティに関して

AdRollは広告主の皆様のブランドイメージを守るために必要な環境を整えています。
ブランドセーフティを確保するために、AdRollではさまざまな施策を講じ、安全かつ質の高いメディアの購入に努めています。

インベントリの品質管理

AdRollは、顧客である広告主向けのターゲティング広告サービスを安全に提供するため、エクスチェンジとサプライサイドプラットフォーム(SSP)の両方を利用しています。AdRollでは多数のアドエクスチェンジとSSP(全SSPがインベントリ・パートナーを精査しています)を通じて、幅広いウェブサイトで広告在庫を購入しています。

AdRollは、以下に挙げる世界各国の自主規制団体に積極的に参加しています。 参加団体一覧:

  • Internet Advertising Bureau(IAB-UK、IAB-Europe、IAB-Australia)
  • Network Advertising Initiative(NAI)*NAIの行動規約を遵守しています
  • Digital Advertising Alliance of Canada (DAAC)
  • Digital Advertising Alliance(DAA)の自主規制プログラム
  • European Interactive Advertising Digital Alliance(EDAA)
  • 日本インタラクティブ広告協会(IAB-Japan (JIAA)

広告検証

AdRollでは、Pixalateが提供するアドベリフィケーションサービスを使用して広告の安全性を検証しています。Pixalateは、ビューアビリティ(広告の視認性)、ブランドセーフティ(ブランド毀損につながるコンテンツへの配信)、不正トラフィック(ボットなどによる無効なトラフィック)に関する指標の測定と報告を行います。この情報に基づいて、AdRollは適切な入札を行うとともに、悪質なドメインのグローバルブラックリストを作成します。最終的な目標は、広告の安全性と透明性を確保し、広告効果の高いインベントリをお客様に提供することです。


ドメインリスト

AdRollは定期的にブラックリストを更新し、該当するURLに広告が配信されないようブロックしています。また、特定のURLへの広告配信を除外したい広告主には、専任のアカウントマネージャーが適宜対応いたします。また、依頼に応じて、個別URLや大量のURLをブロックすることも可能です。


削除に関する方針

AdRollは、質の高いインベントリーの提供に尽力しています。広告主より、文書にてウェブサイトに関する懸念が寄せられた際は、当該ドメインの全レポートをレビューし、事実確認を行った上で、48時間内にお客様の広告を削除いたします。広告の誤掲載の結果については、バイヤーとケースバイケースで合意することになります。