REPORT
公開 2017

【グローバル調査レポート】
マーケティングアトリビューションレポート(2017年度版)

もう避けては通れない道?!
「アトリビューション」の導入を一部でも開始した企業は、すでに98%!しかしそのうちの2割は「効果的な分析方法がわからない」と回答

このレポートでは、下記のような疑問にお答えしています:

  • マーケティング活動で今最も「ビジネスの拡大」に直結することはなんでしょうか?
  • 「アトリビューション」ってそもそも何?
  • なぜ今後「アトリビューション」が重要になってくるのか?
  • 「アトリビューション」を理解すると複数のチャネルを上手く使いこせるというのはのは本当ですか?
  • 完璧な「アトリビューションモデル」は存在しないのでしょうか?
  • なぜ「アトリビューション」は投資利益率に対する投資であって、コストセンターではないのでしょうか?
  • そもそも「アトリビューション」を始めるには何をしたらいいのでしょうか。

また、今回のレポートでは、「マーケティングアトリビューション」が現在どのくらい普及しているか、利用に対する信頼度、企業が実践している「アトリビューション」の効果も深く掘り下げました。「アトリビューション」はまだまだ進化途中にあります。難しい話題ではありますが、「アトリビューション」に少しでも関心があり、今後導入をお考えのマーケターの方には、まずこのレポートをとっていただき、一読いただけたらと思います。このレポートを読んでいただくことで、配信ツールを増やすのではなく、ターゲットに合わせた様々なマーケティングチャネルに投資してみること、そして日々テクノロジーが進化していく中で、いかに包括的なマーケティング活動を展開することの価値がわかっていただけるのではないかと思っています。実際に今回の調査でも、「アトリビューション」を始めた約半数の企業が「様々なチャネルの予算配分が改善した」と回答しています。たとえ現在小さな企業のマーケティングを担当している方でも、オンラインとオフラインのマーケティングのつながりへの理解や、1つの代理店や1つのオンライン広告配信ベンダーに頼ったマーケティング活動は、将来ビジネスが拡大した際に必ず課題として浮き上がってきます。今少しでも「アトリビューション」への理解を深めていただくことが、この業界で生き抜いて行くための一つの術になるのではないかとAdRollは考えます。